結婚にお勧めの花

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚式のお祝いに花を贈る人も増えており、フラワー電報やフラワーメッセージも人気があります。では結婚式のときにどのような花が良いか考えてみましょう。まず胡蝶蘭は、愛情、純粋な愛、幸福が飛んでくるなど素敵な花言葉をいくつも持っており、結婚祝いにはぴったりです。他に情熱を表すバラも結婚祝いにはおすすめ。バラの場合、アレンジメントフラワーだけでなく、数十本の大量のバラの花束も結婚祝いにはぴったりです。結婚式が終わり、新婚旅行から帰った頃に贈ると、新婚生活をより素敵にしてくれることでしょう。

他にもガーベラもおすすめ。希望、常に前進という花言葉があり、新婚の2人にはぴったりです。ガーベラであればいろいろなカラーをアレンジしたものがおすすめ。無邪気、清い心、親切という花言葉を持つかすみ草をタップリ使うと、少し地味目のガーベラが一気に華やかになります。他にも薄紫の小花デンファレは蘭の一種ですが胡蝶蘭ほど派手さはありません。しかし落ち着いた色合いと品の良さから、新婚生活を素敵に演出してくれるはずです。花言葉はお似合いの2人というもので、贈るときにはこの花言葉も添えると良いのではないでしょうか。かすみ草と合わせても豪華になります。そして生花を使ったフラワー電報やフラワーメッセージにすると、お祝いの気持も伝わりやすくよりおすすめです。

結婚式祝いにも最適

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

いろいろなお祝いに利用できるフラワー電報。その中でも結婚式のお祝いには最適です。結婚式祝いの場合、花だけでなく電報もプラスされているので、やはり結婚式場に贈ることが多いのではないでしょうか。花束やフラワーアレンジメントは、受付や司会者のテーブルにも飾れるので重宝されるはず。またスタンドフラワーなら式場をより華やかにすることもでき、普通に電報だけを贈るよりずっと喜ばれるのではないでしょうか。

またフラワーメッセージの利用であれば、さまざまな業者によっていろいろなタイプのフラワーメッセージがあります。業者によってアレンジフラワーの種類の多いところや、ボックスフラワー専門のところなどさまざまです。カタログを取り寄せたり、ネットでチェックしてみましょう。特に業者によるフラワーメッセージの場合は業者によって予約日数が違うので、結婚式に合わせて前もって予約をするようにしましょう。

結婚式のお祝いの場合、5000円程度から20000円程度が人気となっています。業者によって価格帯やフラワーの雰囲気なども違うので、いろいろなところから選ぶようにしましょう。フラワー電報、フラワーメッセージには生花だけでなく、おしゃれなプリザーブドフラワーもあります。

結婚式のお祝い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

友達や知り合いの結婚式に出席しない場合は、何かプレゼントをします。そんなときには食器や家電など、新婚生活に必要なものを贈ったり、思い出に残るものが人気です。結婚のお祝いのときには、ハサミやナイフ、包丁など切るものは、縁を切るということで結婚祝いには嫌がられます。また食品や入浴剤のように消えてしまうものも避けましょう。また、おしゃれなキッチン用品や、ペアワイングラス、ペアカップなど、「2人で楽しい時間を」ということからぴったりです。

このように結婚のお祝い品は、結婚式の前後に送ったり持って行ったりしますが、結婚式に出席する場合のお祝いと言えば、ご祝儀となります。しかし結婚式に出席できないときには電報を送るのではないでしょうか。そんなときには押し花電報などを送る場合が多いようですが、是非フラワー電報を利用してみませんか。結婚式場にスタンドフラワーを贈れば、会場がグッと華やかになります。1段タイプで10000円程度、2段で20000円程度。リーズナブルな3000円程度からでも、おしゃれなアレンジフラワー電報もあります。

司会のテーブルや受付のテーブルに置いておくこともでき、結婚式を華やかにすることができます。日本人は冠婚葬祭には電報を送る習慣があるため、普通の電報に少しプラスしてフラワー電報にすると、もらう側もとても便利に利用できるのではないでしょうか。また結婚式場でなく、結婚式の前後に自宅に贈るなら、長持ちのする胡蝶蘭などがおすすめです。